顎関節症 治し方 マウスピース 効果 値段 市販 悪化

スポンサードリンク

顎関節症とは何?

スポンサードリンク

顎関節症(がくかんせつしょう)とは、その名の通りアゴの関節、こめかみのあたりにある骨と骨の合わせ目あたりで起きる障害の総称で、口を開閉するときに音が鳴ったり、大きく口を開けられなかったり、物を食べるときに痛みや違和感を感じたりするのが主な症状です。

 

悪化すると何もしていなくても疼痛を感じたり、慢性的な痛みによって頭痛や肩こり、耳の痛み、耳の閉塞感、音の聞こえ難さ、めまい、眼精疲労といった周辺部位への不快な痛みや障害を感じる場合もあります。

 

この顎関節症ははっきりとした原因が分かっていない障害で、現象としては顎の関節に起きている関節の痛みや障害、もしくは物を食べるときに咀嚼する筋肉の痛みや障害が認められます。

 

推測される理由はかなり多岐に渡り、なんらかの生活習慣による顎関節のズレや咀嚼筋肉の緊張、異常な口の開閉運動、ストレスなど、正直なところ診断は医師によってまちまちです。

 

治療には要因を取り除く必要がありますので、普段の生活習慣を一つ一つ見直して癖を正していくと共に、物理的に発症している噛み合わせのズレなどアンバランスを矯正していく作業が必要となります。

 

管轄する専門医療機関は歯科になります。

 

もともと奥歯の痛みなどを感じて虫歯や歯周病を疑った患者が歯科を受診して発覚するケースなどもあり、矯正歯科や口腔外科、補綴科(ほてつか)などの専門機関が連携して対処を行うのが一般的です。

 

補綴科とは、主に義歯やブリッジなどで歯の欠損を修復する専門の診療科ですが、医療法で定める標榜科にあたらないため通常は歯科や大学病院の中で診療を行なっています。

 

噛み合わせの矯正にはマウスピースなどを使用するスプリント療法という治療を行うケースも多く、顎関節症の治療には必要な診療科となります。

 

いずれにしても顎関節症の克服にはあらゆる角度からのアプローチが必要となります。

顎関節症の症状とはどのような症状がある?

顎関節症は口の開閉に関するなんらかの障害が主な症状ですが、現れ方が多岐に渡るため病変を分類する必要があり、日本顎関節学会がT型からX型までに分類したものが広く臨床に使用されています。

 

大きく分けて2つに大別できますが、物を噛むときに筋肉部分で起こる咀嚼筋の障害を筋性障害、顎関節で起こる障害を関節性障害としています。

 

実際には細かく定義されていますが、T型からX型までの主な症状をおおまかにご紹介しておきます。

 

基本的にはナンバーが進むにつれて重症になっているようですね。

 

X型に関してはすべてに当てはまらない診断の難しい症状が分類されているようです。

 

T型
ものを噛む時に動く筋肉に緊張や炎症が見られ、アゴを動かすと痛みを感じる
症状です。
アゴが引っかかるような多少の違和感もあるようです。

 

II型
アゴの関節包や関節靭帯、円板後部組織に明らかな病変が認められ、慢性的にアゴの関節を動かした時の痛みや雑音が出る症状です。
筋肉の痛みはあまりないようです。

 

III型
筋肉や関節部分の痛みは弱いのですが、関節円板というアゴの骨のクッションの役目をしているものがズレるなどしてカクカク・ポキポキなどといったクリッキングと呼ばれる雑音が大きく出る症状です。

 

IV型
変形性関節症と呼ばれるもので、アゴの関節が変形してしまっています。
関節の軟骨が破壊されていたり、クッションである関節円板がズレる、変形するといった異常が見られます。
こうなるとレントゲン撮影でも大きな異常が認められるようになります。

 

V型
TからWのどれにも当てはまらないにも関わらず、アゴの関節部分に異常や痛みを感じる場合です。
心理医学的なアプローチも考えられます。

 

以上の症状で、ある程度の顎関節症レベルが判断されます。

 

詳しくはMRI検査などで詳しく調べないと掴みにくい症状です。

顎関節症関連の総合情報!

スポンサードリンク