顎関節症 マウスピース 値段

スポンサードリンク

顎関節症の治療にマウスピースを使用!値段はどれくらいするの?

スポンサードリンク

歯科矯正は保険適用外ですよね。

 

美しい歯並びは美容的要素であって、健康保険で必要とされる治療行為には当たらないというのがその理由です。

 

顎関節症はれっきとした疾患ですので、その治療には健康保険が適用されます。

 

主治医が治療に必要だと判断した場合は個々人に合わせてマウスピースが作成されますが、費用はすべて保険適用となりますので、かかった費用の3割負担で作成することが出来ます。

 

とは言え、マウスピースにも色々有り、寝ている間の歯ぎしり防止のような全体的な圧力分散のものであれば1,800円くらいからありますが、いわゆるスプリント療法と言われるもので特定の歯にかぶせて下アゴを但しい位置に矯正するようなタイプのものは、4,500円ほどの費用負担が目安です。

 

これは作成する歯科や病院によりますし、必要とする形状にもよりますので、詳しくは主治医に確認して下さい。

 

このスプリント療法ですが、下あごを最適な位置に矯正しなければ効果がないばかりか、悪化してしまう場合もあるというので注意が必要です。

 

まさか他人のマウスピースを流用する人はいないとは思いますが、自分に確実に合ったものでなければ使用してはいけません。

 

スプリント療法を行っても改善が3割程度という情報があるようですが、かなりデリケートにフィットするものでなければ意味はないでしょう。

 

また、スプリントは改善してくるに従って何回か作り直しが必要となります。

 

費用についても都度発生しますので、値段については最初にきちんと確認をしておきたいですね。

顎関節症関連の総合情報!

スポンサードリンク