顎関節症 マウスピース 市販

スポンサードリンク

市販されているマウスピースは顎関節症に支障や問題はあるの?

スポンサードリンク

顎関節症の治療にスプリントと呼ばれるマウスピースを使った療法があります。

 

これは個人個人の噛みあわせに合わせて作られるもので、就寝中に装着して少しずつアゴを正常な状態に戻していくために処方されるのが一般的です。

 

歯の1本1本を型取りして歯科で作成され、本人にピッタリ合った完全なオリジナル品が出来上がります。

 

装着していても違和感が無く、噛む力を分散して歯とアゴを守りながら自然にアゴや関節円板の位置を矯正していく医療器具になります。

 

これに対していわゆるマウスピースと呼ばれるものは歯の型取りがされているわけではなく、歯全体をカバーするもので、誰でも同じものを着けることになります。

 

馬の蹄鉄のような形をしているのが一般的で、ドラッグストアなどでも一般に市販されています。

 

この市販のマウスピースですが、数多くの歯科医の意見によると、「着けないほうがまだマシ」というほど不評の様子です。

 

こと顎関節症に関しては改善の期待は持てないどころか悪化しかねないというのが大方の意見で、非常に否定的ですね。

 

市販のものを数多く集めて検証したという歯科医院の医師もいましたが、勧められるようなものは一つもないそうです。

 

歯科で型取りをして作成すると5,000円しないくらい、市販品は1,000円ということでちょっと心が揺らぐ人もいるようですが、悪影響が有り得るものにお金を出すこと自体がよほど無駄遣いかもしれませんね。

 

大切なのはマウスピースを着けることではなく、専門家と共に経過を検証することだというご意見もありました。

 

総体的に見て、顎関節症に市販品の使用はお勧め出来る状況ではなさそうです。

顎関節症関連の総合情報!

スポンサードリンク