顎関節症 マウスピース 料金

スポンサードリンク

マウスピースの料金顎関節用にかかる費用はどれくらい?

スポンサードリンク

顎関節症の治療にスプリントと呼ばれるマウスピースの使用を主治医が決めた場合、それは必要な病気治療と見なされ、健康保険の適用範疇となります。

 

よく歯並びを矯正するためのマウスピースのようなものが健康保険の適用外であるため、顎関節症の治療用スプリントも自己負担ではないかと思う人がいるようですが、それに関しては心配する必要はありません。

 

きちんと歯型を採って、しっかりフィットする自分だけのマウスピースを作成してもらいましょう。

 

料金ですが、もちろん個人の症状によって形が異なりますし歯科によっても地域によってもまちまちだと思いますが、概ね3割負担の自己負担分で4,500円から5,000円ほどになることが多いようです。

 

スプリントは歯の1本1本にきちんとかぶさるようになっていて、透明な素材で出来ており、就寝時に着けるのが目的ではありますが、日常的に装着していても問題はないようです。

 

食事の時には外して下さいね。

 

治療が進むと少しずつアゴの状態が変化してきますので、徐々に作りなおすのが普通です。

 

また、人によっては非常に食いしばりがひどく、スプリントを噛み締め過ぎてすぐにボロボロにしてしまう人もいるようです。

 

その衝撃が今まで歯やアゴに伝わっていたと思うと怖いですね。

 

顎関節症の治療には時間がかかりますので、その場しのぎではなくきちんとした治療を行いたいですね。

 

市販のマウスピースなどはかえって悪化するので着けないほうが良いと言われています。

 

安価だからと言って手を出さないほうが良さそうです。

顎関節症関連の総合情報!

スポンサードリンク