顎関節症 マウスピース 悪化 原因

スポンサードリンク

マウスピースで顎関節症が悪化!?原因はいかに?

スポンサードリンク

マウスピースで顎関節症が改善したという実例もたくさんありますが、逆に悪化したというケースもあるのはどうしてでしょうか。

 

マウスピースを使用する場合の注意点はあるのでしょうか。

 

マウスピースによる治療が検討されるのは、顎関節症の原因が日常的な食いしばりのクセや寝ている間の歯ぎしりなどでアゴ関節の関節円板が正常な位置からズレてしまっている場合です。

 

そういった場合には、アゴが本来の正しい位置に収まるように設計されたマウスピースが作られ、歯に装着することになります。

 

このマウスピースによって下あごが現在の位置ではなく本来の位置に収まれば痛みも軽減され、関節円板のズレも正しい位置に収まるように治癒が始まるわけですが、この調整は非常に微妙なため、万が一マウスピースが思ったような動きをしなければ更にズレを引き起こすことになりかねません。

 

個人に合わせて精密に作られたマウスピースであり、正しい形で装着されれば問題はありません。

 

これが例えば市販のマウスピースであったり、何年も前の擦り切れたマウスピースだったりしたら正しい治癒は望めません。

 

また、きちんとした技術で作られていなければ誤った位置へアゴを誘導する可能性があります。

 

そして回復状況に合わせて調整し、作りなおしていかなければ意味はありません。

 

スプリント治療は思うよりも難しい技術なのです。

 

マウスピースを付けても改善が見られない場合は早めに外すべきでしょう。

 

合わないマウスピースを長期間装着するのは良いことではありません。

 

治療法が合わないようであれば早めにアプローチを変えたほうが悪化を招かずに済むでしょう。

顎関節症関連の総合情報!

スポンサードリンク