顎関節症 手術 後遺症

スポンサードリンク

顎関節症の手術があるらしいけど、後遺症が出ることは?予防法は?

スポンサードリンク

顎関節症の原因は食生活が原因なことが多く、食の欧米化で硬いものを食べなくなり、日本人の顎が軟弱になった為と言われています。

 

20代30代の女性に多くみられ、症状はあごがカッコンカッコンと鳴ったり口を大きく開くことができなかったり、あごが炎症して痛んだりといった症状の病気です。

 

治療法としては、専用のマウスピースを使う方法や、認知行動療法や薬物療法スプリント療法などがあり、顎関節症患者の2%〜4%の方が外科治療…つまり手術が必要なのだそうです。

 

顎関節症の手術は口腔外科で行っており、方法としては、顎関節鏡下受動術や顎関節形成術などの手術があります。

 

料金は医療保険が適用になり、3割負担で顎関節鏡下受動術が4万5000円程度で顎関節形成術が7万2000円程度になり、この他に入院費などがかかります。(入院日数は平均で2週間程度だそうです。)

 

手術のあとはどうしても後遺症が気になりますよねぇ…後遺症としてしびれや麻痺、また手術した部分が腫れたり硬くなることがありますが大体は時間がたつとそれらの後遺症は自然と消えるそうです。

 

もし後遺症が消えない場合は手術をした医師に相談する必要があります。

 

でも、通院や手術や後遺症を気にする前に大切なのは顎関節症を予防することが大切です。ここでは主な予防法を紹介します。

 

予防法として※食いしばり過ぎない。※症状があるときは硬い物を食べない。

 

※口を大きく開けない。※急な痛みは冷湿布、慢性的な痛みは温湿布がよい。

 

※軽い顎のマッサージ。※よい姿勢を保つ。※うつぶせ寝をしない。※顎の痛みが和らいで来たら口・首や肩のストレッチ。※顎のリラクゼーション(意図的に筋肉の力を抜く)。※全身運動。※顎に負担をかけない生活。などの予防法があります。

 

顎に何らかの異常を感じたら、早めの受診をお勧めします。

スポンサードリンク