顎関節症 治し方 予防

スポンサードリンク

顎関節症(予防・治し方)について

スポンサードリンク

顎関節症は発症と回復を繰り返す患者が多いことでも知られています。

 

症状が無くなれば良しとするのではなく、普段から自分で行う予防対策が一番大切だということをまず認識しましょう。

 

顎関節症を引き起こす大きな原因として知られているのは概ね4つで、アゴに悪い癖と姿勢、噛み合わせのズレ、心理的なストレス、外傷です。

 

アゴに影響を与える悪い癖や姿勢は、頬杖をつくこと、歯を食いしばること、アゴを頻繁に動かすこと、片側だけでものを食べることなどです。

 

そして悪い姿勢は、アゴと肩の間に電話を挟む姿勢、猫背、うつ伏せ、足を組むなど、身体のバランスを崩すものは全般的に当てはまります。

 

これらの癖は意識して無くすことが何より大切です。

 

噛み合わせの改善は歯科医の専門となる場合が多いですが、アゴの悪い癖を治すことで解消するケースもあります。

 

義歯の高さが合っていない、年齢によって土台がズレてきたなどといった歯科的な部分は歯医者で治す必要があります。

 

ストレスは、考え方や生活環境を改める必要がありますので簡単に結果が出せるものではありませんね。

 

ただ、歯を食いしばったり寝ている間に歯ぎしりをする人は完璧主義で目標が高く、負けず嫌いの人が多いという診断もあります。

 

すこし心に余裕を持てるリラックス出来る時間を持つことも大切ですね。

 

外傷については予防というよりは事故に気をつけるということしか出来ませんね。

 

アゴは急所でもありますので、何か強い衝撃を受けた場合には思いもよらない部分に影響が出る可能性がありますので、軽くても病院でレントゲン検査を受けるなど、その場できちんと対処しておきましょう。

顎関節症関連の総合情報!

スポンサードリンク