顎関節症 マッサージ 方法

スポンサードリンク

スポンサードリンク

顎関節症を予防したり、軽度の違和感を解消するためにマッサージが有効な場合があります。

 

但し、すでにアゴの関節の中で炎症が起きていたり、咀嚼に使う筋肉で炎症が起きている場合には絶対に行なってはいけません。

 

炎症は、すでに皮膚の下で火事が起きている状態ですので、まず最初に必要なのは鎮火ですね。

 

急性期には安静にして、まずは歯科もしくは口腔内科、口腔外科のある病院を受診して下さい。

 

固いものを噛んでアゴが疲れた、もしくは歯を食いしばり過ぎたなどといった時にはマッサージで筋肉をほぐしておくと楽になる場合があります。

 

吹奏楽で楽器を演奏した時など、口を酷使した場合にも有効ですね。

 

行うのは入浴中が良いでしょう。

 

まずは顔の下半分、アゴを両手で覆って、前から後ろ、下から上に円を描くように力を入れずにマッサージします。

 

そのうちアゴの噛み合わせの部分や奥歯で痛気持ちいい場所が見つかったら、そこを中心に力を入れずにマッサージしましょう。

 

日中、どこか一方方向へ向かって一定の力が働き続けたことでズレや痛みが生じる場合が多いので、その逆方向へ伸ばすようなイメージで元の正常な位置にアゴをリセットする感覚で行うと効果的です。

 

顎関節症の解消には歪みを正すことが一番大切です。

 

アゴの関節でクッションの役割をしている関節円板がズレると顎関節症が起きますので、マッサージすることで正常な位置に戻ろうとする力を助けるのが目的です。

 

筋肉のコリをほぐす時のように力を入れずにやさしく行うのが大切です。

顎関節症関連の総合情報!

スポンサードリンク